ナースの働き方

新人ナースの辛い悩みと解決法【看護主任からのアドバイス】

投稿日:

春ですね~。この4月から新人看護師として入職された方も多いはず。私もこの春から看護主任になるので、ある意味では新人さん並みにドキドキです。(年齢は違うけどね..)

そんな新人看護師さんたちですが、やはり1年目として悩みが多いんですよ。わたし自身も2年で最初の職場を辞めるほど追い込まれましたし

 

ただ、今にして思えば悩みや解決法はいくらでもあったなとキャリアの中で気づいています。そこで今日は、新人ナースの方に向けて実体験を踏まえてアドバイスを送ります。

毎年この時期になると新人時代を振り返るんですけどね。だんだんと記憶が薄れているように思うのは、わたしがベテラン化してるからなのでしょうか(汗)

1年目の新人ナースが抱えやすい悩みと解決法

医療職は、一般の仕事よりも慌ただしいと言われています。「新人だからゆっくり..」なんて言っていたら、病気の患者さんを置き去りにしてしまいますからね。

そんな環境に1年目から適応できる人はごくわずか。そこで抱えやすい悩みと解決策をまとめてみました。

 

思っていた看護師生活じゃなかった

想像と全く違うというのはあるんですよ。わたしの場合は1年目に小児病棟に入職しましたが、「病気に苦しむ子を助けるんだ!」と夢を抱きまくり。

しかし、世の中そんな上手く話は進みません。小児病棟なので、次から次に症状の酷い子がやってきます。

 

先輩は忙しいですし、ボーっと見ているだけでは仕事にならず。何とか合間を縫って仕事を教わるんですが、とにかく最初はついて行くのに必死でした。

周りで言ってる事も専門用語が理解できず、声を掛け合っても分かってるようでよく分からない(苦笑)いきなり洗礼を浴びたようで、かなりブルーになったのを覚えてます。

 

教えてもらおうと先輩に近づくと、「後にして!」とキツく返されたりして怖いんです。新人ナースなんて、もはや存在しないと思われているようで不安になりました。

子供に囲まれて頑張る自分を見失いそうで、想像とのギャップに苦しむナースさんは多いはず

【まずは場に馴染もう】

こういった新人さんは多いと思います。実際、わたしも転職を繰り返してきましたが何も分からないという状況にいる新人には成す術がありません。

そこでアドバイスできるのは、「まずは場に馴染んでいく」という事。分からない事や、質問しないと出来ない事など多くある現状はまず馴染まないと始まりません。

 

質問していいタイミング、指示をもらい動くタイミングなど空気を読む事に近いですね。場に馴染まず、あたふたしていると教わる事もできません

どっしり構えて、「私もこの場にいるナースなんだ」と自信を持って馴染みましょう。休憩時間や、ゆったりしている時に質問するなどして関係を築くと仕事も振られやすくなります。

 

全く仕事ができず失敗の連続ばかり

ある時に幼い子が喘息でやってきたのですが、ネブライザーでの吸入を嫌がるんですね。新人で出来ることも限られているので、わたしが手で押さえ吸入サポートを頼まれました。

ところが子供さんなので「にがみ」を嫌って思うように吸ってくれず。霧を吸ってもらわないと発作も収まらないのに、どんどんムダに流れて怒られる始末。

 

まだ何も仕事ができないのに、カンタンな頼まれごともできない失敗が続いた時は追い込まれました。「これなら大丈夫でしょ」の仕事を任されてミスると辛いですからね

こういった失敗の連続は「看護師に向いていないかも」とじぶんを責めることになりがち。

【カンタンそうでも、いきなり手際よくは出来ない】

当たり前なんですが、カンタンな仕事だとしてもいきなり手際よくできる仕事なんて無いんですよ。要領の良さは個人差があれど、カンタンな事でも最初は難しい物。

「子供を抱えて吸入をしてもらう」のは、慣れてしまえば確かにカンタンです。ただし、子供の扱いが分かってなかったり吸入の「にがみ」を嫌がる子がいるなど基礎知識はいるんですよ。

 

いきなり何でもできると思わないこと。失敗から始まり、失敗に終わってそこからやっと成長が始まる。これくらいに思っておいた方が良いです。

失敗やミスがあっても、いきなり手際よくやれないと開き直っていればいいんです。「回数をこなすんだ」と頭においておけば、失敗を糧に頑張れますから

 

辞めたくなってしまった

辞めたくもなりますよね。1年目の看護師さんなら、ほぼ高確率で「辞めたい」と思う事があるんではないでしょうか。別の診療科に行った方が楽だったか..と何度悔やんだ事か(苦笑)

よっぽどの事が無いと、入職した場所を良く思えないのは看護師あるあるです。隣の芝生じゃないですが、看護学校時代の友達と話すと「そっちにしとけばよかったー」となる。

 

わたし自身も、子供さんが亡くなったりするケースを見た時などは「なんで小児病棟にしたのか」と悔やみました。小児医療現場の裏側を軽率に見ていたからです。

でも友人たちの話を聞いていても、似たようにしんどい事は起こってたんですね。どこに行っても同じとは言いませんが、辞めたくなるのは必然的だと思っておきましょう。

【まず1日、1週間、1ヵ月を乗り越えよう】

辞めたくなるのは色々と理由があると思いますが、最初はそういう物だと理解するのが自然です。せっかく入職したばかりなので、別の診療科に転職するのは少し待つ気持ちで。

辞めたい気持ちはすぐに消えませんが、1日・1週間・1ヵ月と区切りを決めて頑張りました。「あと1日は頑張ろう」と思うと、その期間限定でパワーが出てきます

 

新人さんが辞めたくなるのは、その瞬間がツラいからなんですね。キャリアも浅く、出来ることが少ないのに「自分はダメだ」と思い込む。

すぐに辞めるという気持ちに向かう時は、短い期間の頑張りを目標にしてみて下さい。ウツじゃないならまだ頑張れます。

 

患者さんが嘔吐していると気分が悪くなる

これは結構いるんですが、患者さんの嘔吐を見ると気分が悪くなるケース。いわゆる「もらいゲロ」なんですが、過敏な方ほどキケン。わたしもこれw

特に小児病棟は子供たちばかりなので、事前に吐く準備に至らないケースも多いんですね。大人なら「せめてゴミ箱にして~!」と思ったりもしますが、判断力に乏しい子供に罪はありません。

 

これについては、他の科に転職しても嘔吐現場は何度も見ているので仕方ないんですが。やはり気分が悪くなることは多く経験しています。

周りには言えませんが「出来る事なら避けたい」と思う現場だなと(汗)新人ナースさんも場数をこなせていないと、かなり苦しいと思うんじゃないかな。

【マニュアルに乗っ取り、手際よく急いで終わらせること】

こちら、新人さんにありがちですが「気持ち悪いので手際が悪くなる」のが一番まずいです。さっさとマニュアルに乗っ取り、さっさと終わらせてしまった方が楽。

手に付着しないようにとか、色々と考えちゃうんですけどね。スピードが一番で、この処置が遅れるほど気分は悪くなりやすいです。

 

さっさと片付けるタイムアタックをするつもりで、急いで終わらせましょう。慣れるしかないんですが、わたしは息を止めつつやってました

おすすめは吐いた人の気持ちを考える事。吐かれた物を見ても仕方が無いので、相手の気持ちを察すると「大変だな」と思えますからね。

 

夜勤で生活リズムが崩れる

夜勤が始まると、これまでの生活リズムが崩れる人も多いです。こればかりはナースの宿命ですが、新人ナースこそ慣れて欲しいところ。

と言っても、わたしの新人時代は夜勤が少ない方だったのですが。病院の方針だったんですが、「日勤で鍛えて使い物になってから」という場所でしたね。

 

それでも少ない回数ながら夜勤をすると、体力的には大丈夫でもメンタル的には影響が出ました。帰宅後に寝るんですが、何だか外が明るいので目覚めても嫌な感じがするというか。

割り切れていればいいんですが、なかなか思うように寝付けなかったりしたのでリズムが一時期は崩れました。

【夜勤休憩は少しでも有効活用しよう】

夜勤の際には休憩があるので、仮眠をなるべく取るように心がけると良いです。寝られないという人でも、体力の温存はできるはず。(参考:夜勤休憩で寝る方法)

なるべく生活リズムを崩したくないなら、夜勤明けでも昼間はたっぷり寝ない工夫が必要。明るい時にガッツリ寝ると、どうしても夜が寝られません。

 

夜勤明けに寝るにしても、時間を決めるなどしておきましょう。今のわたしは、仮眠を少しでも取って「昼間に寝ないといけない状況」を減らしていますがおすすめですよ。

若い子の方が調整しやすいと思うので、20代の間に夜勤との向き合い方に慣れるべし。

 

医療事故などのプレッシャーを感じる

医療事故は怖いんですよね。適度にプレッシャーを感じるのはいいですが、「何かの拍子にしくじったら..」と不安になり過ぎるのもキケン。

わたしも危なかったなと思う事があったんですが、医療行為の後にベッドの柵を忘れたことがあったんですよ。小さな子だったので、病室に戻ったお母さんが気づいて分かったんです。

 

新人は、色んなことを覚える最中なのでこういった注意力も散漫になりがち。もし忘れていた柵から落ちていたらと想像すると怖くなり、そこからプレッシャーを感じるようになったんです。

過度に心配し過ぎて、再度チェックに戻ったりという事もありました。背負い過ぎるプレッシャーでしんどいのも考え物です。

【マニュアルに忠実に動くべき】

現場なのでマニュアルが必ずあるんですが、これを蔑ろにしないようにするのが重要です。基本的にマニュアルに倣う習慣がついたナースさんは医療事故を避けられます

たとえば、点滴など全く違う患者さんに投与したニュースなどがありますよね?あれは管理や確認のマニュアルをおざなりにしている事もあるんですよ。

 

2人で確認するなら守るべきですし、患者さんに名前を確認してもらうなど徹底しておけば事故は防げます。二重三重のマニュアルが、結果として事故を防ぐので気を付けましょう。

わたしが子供のベッドを去る際に、しっかり確認しなかったのもマニュアル無視をしていた結果。もしプレッシャーを感じるなら、「マニュアルを守ってるんだ」と自信を持ってください。

 

新人ナースが悩んだら、先輩に打ち明けて

わたしの新人時代の悩みを書いてみましたが、個人差があるのでケースバイケースだとも思います。ただし、似たようなところで躓いている新人さんがいるのは間違いないんですね。

なぜなら新人さんの悩みやツライ事なんて、どこに行っても同じだからです。ただその対策や対処法が分からないから悩みとして膨らんでいくわけで..。

 

そういった際には、ぜひ先輩看護師に打ち明ける習慣を持ちましょう。先輩ナースも頼られて悪い気はしません。(忙しい時は困るのでタイミングは重要)

同じ新人として1年目を過ぎ去り、今ではベテランとして活躍している看護師さんも多くいます。わたしもダメダメな不器用ナースでしたが、今では看護主任ですよw

 

先輩に打ち明け悩みにアドバイスをもらい、助言を元に試行錯誤していく。これの繰り返しを行う事で、看護師として一人前になっていけます。

さすがに1年目での転職はおすすめしませんが、頑張り切った結果にダメでも「最悪は転職できる」のが看護師。守りに入らず、攻めの姿勢で働く事をおすすめします

こちらも参考に→看護師の人間関係を円滑にする方法

新人ほど気になる→看護師の派閥争い対策

おすすめ看護師求人サイト★わたしも実際に利用しました♪

  • 過酷な労働環境から抜け出したい
  • もっと賃金を正当評価してもらいたい
  • 人間関係の良い職場を知りたい

こういったお悩みをお持ちではありませんか?何を隠そう、わたしも同じことを考えていました。そんな時に知ったのが、ナース専門に特化した求人サイトです。

実際に使ってみて良かったオススメサイトのみを厳選しているので、参考にされてみて下さいませ。

3位 MCナースネット



うーんwここは「オイシイ」のひと言。もはや看護師資格を活かしたバイトをするなら、ここを避けて通るのは大損と言っていいほど。

わたしの場合は、仕事探しの合間に献血バイトをしたんですが割の良い稼ぎを得られました。なかなか見つからない献血バイトや短時間の仕事ならココで間違いなし。

ただし単発バイトや献血ルームの仕事については、登録したナースさんのみが見れる非公開求人です。子育て中のナースや、ブランク有ナースさんも活躍されてましたよ

2位 ナースJJ


今のわたしが働いている認知症病棟の仕事は、ナースJJで見つけました。選んだ理由は、求人情報が多かったから。他サービスと比較しても№1~2を争いますね。

入職して数年経った今も、これと言って業務内容に不満は無いので尚更評価は高いままです。・・多少、先輩が偉そうとかはありますが良き仲間w

実際に病院で働くナースさんの声を、アドバイザーさんを通して聞けたりと事前情報もプラスになります。非公開求人も多く、まずはチェックされることをオススメします。

1位 看護のお仕事


堂々の1位は、ウツ療養明けのわたしを救ってくれた「看護のお仕事」ですね~。ブランクを抱える人もいるかと思いますが、ここは全く問題にならない安心感。

それもこれもアドバイザーさんの話しやすさと、事前説明と変わらない労働環境があるからですね。コンサルタントさんの対応満足度が高いのも納得

ちなみに条件付けまくりで仕事を探してもらいましたが、理想通りに話が進んで良かったです♪ 実際に使うと分かるのですが、対応力重視で選ぶならここがオススメ

-ナースの働き方
-

Copyright© え?看護師なのに転職しなくていいの!?Σ(゜ω゜;;ノ)ノ , 2018 All Rights Reserved.